コンテンツ詳細

pi-test

ライターinfoHIP BEAUTY 総合監修

hip-beauty編集部

尻毛は男性も女性も悩む共通の問題ですよね。

中には「もういっそ脱毛したい!」と考える方も多い反面、「どう処理していいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな尻毛の脱毛について、さまざまな方法・デメリット・男女別のおすすめサロンなどを紹介していきます。

自分のお尻に悩む方も、パートナーの尻毛に悩む方も、ぜひチェックしてみてくださいね!

尻毛を脱毛する方法

脱毛方法
尻毛に悩む人の多くが、てっとり早くカミソリで剃ってしまおうとしますが、これはNGです!

お尻の毛というのは「目視しづらい」「手が届きにくい」「範囲が広い」というカミソリの処理が向かない3コンボを達成してしまっています。

では、どんな方法で脱毛するのか?ひとつずつ見ていきましょう。

■クリームの種類と使いかた

クリーム
薬局などで売っている「脱毛クリーム」を使う場合、最も注意していただきたいのが「脱毛」であることです。
え?
と思う方もいるかもしれませんが、除毛・抑毛・脱毛と3種類のクリームがあることを知らない人は多いのです。

「除毛クリーム」

まず「除毛クリーム」はカミソリで剃った場合と同じような効果が得られます。

なので当然、数日たてば生えてきますが、カミソリよりも持続性があったり先端が丸みを帯びているのでチクチクしにくいくらいの違いはあります。

「抑毛クリーム」

次に「抑毛クリーム」ですが、これはあくまで毛が生えてくるスピードを遅くする程度のものです。

毛を溶かしたり排除したりする効果はないので注意してください。

クリームの種類に注意

中には除毛クリームと表記して「脱毛に!」と書いてある場合がありますが、クリームで毛根まで溶かすようなタイプでなければ脱毛効果はないので注意しましょう。

■ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックス
ブラジリアンワックスは、元々がデリケートゾーン周辺の毛を脱毛するための液体です。

ビキニラインはもちろん、お尻や肛門の周りなどにも使えるものが多いです。

ほかにも名称はありますが、「ブラジリアン」というのは「ブラジル」から来ています。

女性の下着の1種であるTバックの発祥がブラジルであることに由来しているそうですよ。

海外の女性はアンダーヘアを当たり前に処理するそうですから、なんだか納得してしまいますね。

ただしこのブラジリアンワックス、なかなか刺激が強い側面もあります。

レーザーなどを使った脱毛よりも痛みが強く、肌トラブルを引き起こすこともあるので注意が必要です。

またある程度の毛の長さ(5~6mm)が必要だったりするので、自己処理で使用する場合は気をつけてくださいね。

■エステや脱毛サロン

エステや脱毛サロン
専門でないにしろ、きちんと設備が整っているエステや脱毛サロンでの脱毛は「キレイ」かつ「的確」であるといえます。

今は女性専用・男性専用の脱毛を行っているところも多いですから、気になる方はその辺りもチェックして選ぶと良いでしょう。

エステや脱毛サロンの良いところは、「美しく」脱毛できることです。

アフターケアが充実していたり、施術時に問題があればカウンセリングで対応したり、施術を延期する場合もあります。

ただ脱毛するだけではなく、アフターケアも行うことでより美しいヒップを手に入れることができます。

■皮膚科などの医療脱毛

皮膚科
医師による施術が受けられるのが医療脱毛です。

主にレーザー脱毛を使いますが、ニードルや薬での脱毛をすることもあります。

エステや脱毛サロンとの大きな違いが「医療器具を扱えるかどうか」です。

医療器具のほうがパワーが強いので、短時間・短期間で脱毛を終えれることが多いのですね。

しかしながらアフターケアについては劣るので、この辺りは好みになります。

肌トラブルにも即対応してもらえる半面、エステや脱毛サロンよりも価格が高いことがほとんどでもあります。

■毛抜き・カミソリはNG

カミソリ
毛抜きやカミソリを使っての自己処理はオススメできません。

例えば「お尻の表面に1本だけ濃い毛がある」とかであれば毛抜きで抜いても良いですが、お尻全体や肛門周りの尻毛を
抜くというのは中々リスキーです。

カミソリの場合にも、カミソリ負けや肌を傷つけてしまう恐れがあり、剃りのこしが目立つ場合もあります。

クリームなどであれば塗布なので鏡に映せば多少はやりやすいですし、第3者の手を借りてであれば尚良いですよね。

安全性の面でも不安が大きいので、カミソリや毛抜きでの自己処理は控えましょう。

男性・女性の尻毛脱毛

男女

毛というものは思っている以上に男女差があります。

根本の原因としてはホルモンの影響とされますが、肌質なども関わってくるのでなかなか複雑です。

ただ単に男女で分けられるものでもないですが、参考までに知っておいてください。

もちろん毛が濃い女性であれば男性用・敏感肌であれば女性用という見方もできますよ。

■市販品を使う場合

市販品を買う場合
市販のものを購入する場合に注意していただきたいのが、「男性用」もしくは「男女兼用」という表記についてです。

とくに「女性用」というものはありませんが、脱毛クリームやブラジリアンワックスの場合は男女によって成分の配合や効果を変えている場合があります。

例えば男性用は脱毛効果をあげて美容効果を気にしない、兼用は低刺激に抑えて美容・保湿効果をしっかり配合するなどといった具合です。

もちろん男性用は男性しか使えないわけではありませんので、女性でも毛が濃かったり保湿は別でやろうと思っているなら問題ありませんよ。

また表記のないものは「兼用」もしくは「女性向け」だと思ってOKです。

■おすすめの男性向け脱毛サロン

オススメの脱毛サロン
それでは男女別のおすすめ脱毛サロンをいくつか紹介していきます。

まずは少ないようで意外とある、男性向けのものから見ていきましょう。

メンズ脱毛専門店「RINX(リンクス)」

リンクス
出典 : http://xn--t8j4aa5fseu454bfyn3sw.com/RINX%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BF

北海道から九州まで幅広い店舗展開のあるRINXは、脱毛中に転勤・転居があっても安心の脱毛大手です。

カウンセリングやパッチテストなどをした後、実際の施術へと入っていきます。

技能士や店長などスタッフも男性ばかりなので、行く側としても安心できますね。

Oラインもおしり全体の脱毛も、初回7,350円で申し込むことができます。

「RINX(リンクス)」公式

ゴリラクリニック

関東を中心に全国に7店舗を展開するゴリラクリニックは、24時間365日電話受付をしています。

さまざまなコースがあり、剛毛でも永久脱毛を目指すために日々向上しています。

陰部+肛門+お尻の脱毛コースであれば、1回39,800円(参考)で施術していますよ。

ゴリラクリニック公式

湘南美容外科

湘南美容外科
出典 : http://www.sbc-fukuoka.com/
CMなどでご存知の方も多いでしょう湘南美容外科も、メンズ脱毛に力を入れています。

レーザーによる脱毛を行っており、エステではなく医療用のものを使っているので回数が少なく済むケースが多いです。

返金制度もあるので、はじめての方でも安心して取り組むことができますね。

Oラインは1回6,070円、お尻は1回17,410円で施術を受けることができます。

湘南美容外科公式

おすすめの女性向け脱毛サロン

脱毛サロン
続いて女性向けのものを紹介していきます。

女性向けのサロンは男性向けのサロンの約5倍あるので、とくに注目度の高いものをピックアップしました。

■キレイモ

キレイモ
こちらも全国42店舗を展開する脱毛サロン「キレイモ」です。

キレイモは国内最新の脱毛マシンを使っているので、痛みが少ないということで支持があります。

また複数個所の場合何度かに分けて施術をしたり、個人に合わせて施術方法を工夫してくれるところを気に入る人も多いです。

個別の脱毛料金に関しての表記はありませんが、顔も含んだ全身33ヵ所の脱毛で月額9,500円と明記されています。

キレイモ公式サイト

■ミュゼ

ミュゼ

ワキ脱毛で知名度の高いミュゼですが、もちろんOラインやお尻の脱毛もしてます。

全国展開しているので移動が可能であることや、たくさんのコースや限定のコースがあるのも魅力です。

今ですとネット予約限定でワキV完了+選べるパーツ2ヶ所(おしり・Oライン)で1,280円という破格のコースもあるので、

ぜひチェックしてみてくださいね。

ミュゼ公式サイト

■銀座カラー

銀座カラー

ミュゼと並んで人気が高いのが銀座カラーです。

美容に対するケアの充実度やミュゼと比べると予約が取りやすいことから、完璧主義だったりちょっとお姉さん世代に人気があります。

1ヶ所ごとの回数施術や脱毛し放題プランがあって、自由度が高いのも魅力ですね。

こちらも北海道から九州まで、幅広い店舗があるので移動も安心です♪

銀座カラー公式サイト

尻毛脱毛のデメリットはある?

ミュゼ
ここまで脱毛する方法などについて詳しく説明してきましたが、そもそも尻毛を脱毛することにデメリットはあるのでしょうか?
メリットはいくらでも挙がりますが、それを打ち消すようなデメリットがないのが現実ですよね。
強いて挙げるのであれば

  • 脱毛を途中でやめた結果、もとより濃くなってしまった
  • 本当は脱毛が必要ないような濃さだったのに、手を加えてしまった
  • 自己処理の方法が合わなくて、肌トラブルが発生した
  • 脱毛してみたら違和感があって、気持ちが悪い など

どれも対策や改善が望めるものばかりですし、自分の意思でどうにかできるものばかりですよね。

ということは結論から言えば、尻毛を脱毛するデメリットは「ない」ということになります。

やる必要があるかないかで言えば人それぞれでしょうが、やって悪くなることはないですね。

まとめ

まとめ
尻毛の脱毛について、幅広い観点から説明してきました。

  • 尻毛の脱毛方法
  • 男女別の尻毛脱毛
  • 男女別のおすすめ脱毛サロン
  • 尻毛の脱毛はデメリットがあるのか

以上の4点をチェックしておけば、自分にあった方法が見つかります。

これらを踏まえて「脱毛する必要なし」と考えるのもまたひとつですので、1度考えてみてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る