コンテンツ詳細

pi-test

ライターinfoHIP BEAUTY 総合監修

hip-beauty編集部

手入れをせずに恥をかきやすい黒ずみと言えば「お尻の黒ずみ」です。

人に見せることもないしいいやと放置しがちになる黒ずみですが、突然のデートや温泉などで慌てることも!

この黒ずみは一度できてしまうと自然に治ることがないのも困るところです。

そこで今回は、お尻の黒ずみ解消に効果的な「ハイドロキノン」という成分について詳しく紹介していきます!

是非参考にし、頑固で悩まされる黒ずみを対策しちゃいましょう♪

ハイドロキノンってなに?

ハイドロキノンとは
「ハイドロキノン」は天然に存在する成分で、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶、細菌類、海洋生物種の副産物などに含まれています。

このハイドロキノンは、写真や映画の現像工程において、フィルムや印画紙などの感光材料を現像するための薬液として使われることがあり、使っていた人の手が白く綺麗になったことから美白効果があると発見されました。

世界的に美白と言うと「ホワイトニング」や「ブライトニング」でハイドロキノンが最も有名とされています。

ハイドロキノンには、メラニンの合成を阻止し、チロシナーゼ酵素の活性化を抑える働きがあるため、医療の分野でもシミや黒ずみの治療薬として使われています。

2001年に医療機関やドクター以外でもハイドロキノンを取り扱うことができるようになり、ハイドロキノンを身近にさせたのです。

ハイドロキノンの選び方

ハイドロキノン選び方ハイドロキノンは2種類あり、市販の化粧品に配合されているタイプのものと皮膚科で処方されるものがあります。

どちらもハイドロキノンの成分に違いはないのですが、市販品は皮膚科で処方されるものに比べ濃度が薄い特徴があります。

黒ずみが深刻な場合は、濃度の高いほうが解消する期待値は高まりますが、濃度が高いほど副作用が起こる可能性もあります。

そのため、自分の黒ずみの程度によって市販品か皮膚科での専用のものかを使い分けると良いです。

どっちを使ったら良いのかわからない・・・という方であれば、一度皮膚科の専門医に診察してもらうと良いです。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノン副作用
ハイドロキノンには副作用があります。

体質に合わなかった場合や濃度が高すぎるものを使うと様々な症状として現れます。

赤みや炎症

体質に合わなかった場合や古くなり劣化したハイドロキノンを使用した場合に起こりやすい症状です。

ハイドロキノンは酸化しやすい物質のため、酸化したときにできる「ベンゾキノン」という成分により肌に刺激を与えます。

古いものは使用をさけ、新しものでも使用前にパッチテストを行い、体に異常がないかを確認した上で使うようにしましょう。

シミや黒ずみの悪化

ハイドロキノンを塗った状態で紫外線を浴びるとシミや黒ずみなどの色素沈着を悪化させてしまいます。

ハイドロキノンと紫外線は相性が悪いため、肌に塗ってある場合は、紫外線対策がとても重要です。

紫外線対策としておすすめなのが、SPF20以上の日焼け止めクリームを併用すると良いです。

白班

シミや黒ずみに有効なハイドロキノンですが、濃度が高いものを長期間使い続ける白くなりすぎてしまい白班として現れることがあります。

濃度が5%以下のものでは副作用として白班が現れたという報告は確認できませんが、気になる黒ずみやシミが解消された時点で使用を中止するようにしましょう。

黒ずみ対策でハイドロキノンを上手に使う方法

ハイドロキノン使い方
ハイドロキノンは市販のものと医療用のものでは使用方法が異なるため、注意書きをしっかりと確認し、間違いのないように使用しましょう。

基本的には朝晩の2回、黒ずみが気になる部分に塗って使うのが一般的です。

塗る際は、黒ずみのある部分だけに塗るようにし、塗った後は紫外線対策をしっかりとするようにしてください。

トレチノレインとの併用は大丈夫?

トレチノレインは、新陳代謝を促す効果あるビタミンA誘導体とも言われています。

古い角質を落とす効果があるので、黒ずみの改善に向いていると言われています。

しかし、お尻の黒ずみにハイドロキノンとトレチノレインの併用は避けた方がよいかもしれません。

体の部位によっては併用することで効果を発揮するのですが、脇周辺、乳輪、おへそ周辺、陰部、肛門周辺は極端に反応しすぎて色素沈着をひどくする恐れがあります。

お尻は肛門と密着している部分なので肛門に付着して強い作用を引き起こすことがあるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、お尻の黒ずみ解消に効果的な「ハイドロキノン」という成分について案内してきました。

ハイドロキノンは美白効果が期待でき、黒ずみ解消に有効な成分ということがわかったと思います。

自分の黒ずみの症状に合わせてハイドロキノンを使うようにし、注意点などを守って使うことで黒ずみ対策は間違いなくできます。

市販のものでは心配だと言う方は、お近くの皮膚科で処方してもらい、医師の指導のもと使うようにすれば安全です。

お尻の黒ずみ解消方は、こちらからチェックしてください!

関連記事 : 市販のクリームで汚いお尻の黒ずみとニキビを治せる!?原因と綺麗にする方法!

関連する記事

ページ上部へ戻る