コンテンツ詳細

pi-test

ライターinfoHIP BEAUTY 総合監修

hip-beauty編集部

意外な盲点、お尻。

人に言われて気づいたり、夏が近づいて気づいたりと普段からそこまで気にならないのがお尻の黒ずみやざらつきですよね。

いつもは気にならないけど、ここぞというときやいざ露出するときには忘れてた!

なんてことも…。

今のうちにキレイにして、不測の事態にも堂々としていられるようにしましょう。

お尻の黒ずみやざらつきをすっきり治す方法を3つご紹介していきます。

あわせて実践するほうがより効果が高いので、やれるものから試してみてください!

1) 生活習慣・食生活

まずはお尻の黒ずみやざらつきの原因となる生活習慣や、食生活を見直すことからはじめましょう。

原因を理解しなければ、キレイにしてもまた同じことの繰り返しです。

食べ物

乱れた食生活やストレス

ホルモンバランスが乱れると、黒ずみやざらつきがおきやすくなります。

正しい食生活・適度な運動でストレスの解消・しっかりとした睡眠を確保することを目標としてください。

妊娠や生理などでの一時的なホルモンバランスの乱れに関しては、頃合いをみて緩和されていくケースがほとんどなので別です。

暴飲暴食・喫煙・アルコール・過度のストレスなどは早めに解消しておくと吉です。

圧迫や摩擦

下着の締め付けや摩擦、長時間のデスクワークによる圧迫などもお尻トラブルの原因です。

やわらかい素材のクッションや適度に立ったり座ったりするよう気をつけたり、自然素材の下着をただしいサイズで着用するなどの工夫が必要です。

蒸れも原因となる場合があるので、通気性のよい服装で清潔に保つことも大切です。

黒ずみやざらつきだけではなく、皮膚がかたくなってしまう過角化が起こることもあるので注意してください。

乾燥や炎症

保湿が十分でなかったり、ニキビやかぶれなど炎症が起こる場合も黒ずみやざらつきを引き起こしています。

乾燥に関してはしっかりと保湿をおこない、かさついたりざらついたりしないようにすることが重要です。

炎症の場合蒸れによるかぶれや雑菌によるニキビ、シャンプーなどが流しきれていない場合などがあります。

炎症することにより色素沈着がおこり黒ずみができるだけでなく、皮膚を守ろうと過角化することでざらつくこともあります。

お尻をキレイに保つには「保湿・清潔・低刺激」が大切です。

2) ピーリングやトレチノイン

ざらついて黒ずんだ肌をリセットすることもできます。

軽いものなら生活習慣や薬用クリームなどで改善できますが、染み付いてしまった場合は頑固でかんたんにはなくなりません

お尻黒ずみ

ピーリングはポロポロと角質を落とします。

直接削るようにして落とす方法と、スクラブなどで擦ってポロポロ落とす方法があります。

定期的におこなうことで肌のターンオーバーのサイクルを早め、新しい肌を露出させます

リセットした肌をキープすることで黒ずみやざらつきが解消され、キレイなお尻にすることができます。

トレチノインは剥けるようにごそっと皮膚が生まれ変わります。

ピーリングより効果が高く、1度でリセットすることが可能です。

ただし皮膚科などで処方してもらう意外に入手方法はなく、効果も強いことから取り扱いには注意が必要

皮膚の弱い人は痛みや出血などの症状が出る場合もあるので、しっかりと医師と相談することが大切です。

アフターケアも慎重に行う必要があるので、なかなか繊細な方法ではありますね。

どちらも肌をリセットしたあとは過度なくらいの保湿が大切になります。

きちんと保湿の準備をしたうえで取り組むことが大切です。

またリセットしたての肌は過敏で繊細なため、生活習慣や食生活にも気を使わないと再発だけでなく悪化する可能性も十分にあります。

正しい知識と方法でおこない、異常がある場合はすぐに医師へ相談してくださいね。

3) 薬用クリームや美白クリーム

お尻の黒ずみやざらつきには、このような美容クリームも有効です。

美白クリームや美白成分が入ったものであれば、色素沈着に作用してゆっくりですが黒ずみを解消することができます。

薬用クリームはざらついた肌を清潔に保ち、ターンオーバーのサイクルを早めます。

保湿は何をおいてももっとも重要な部分なので、併用できるものや相乗効果を高めるものを選ぶとより効果的です。

どちらも浸潤性や保湿力が大切になってくるので、しっかりと選ぶことが大切です。

今回は2種類の製品をご紹介します。

薬用美白ジェル「ピーチローズ」

ピーチローズ

  • 肌の奥まで届く“超低分子美肌成分”配合で、メラニン色素を一網打尽
  • ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿力をUPする成分をふんだんに配合
  • 無添加素材で低刺激にこだわりをもった製法
  • 無料カウンセリングや保証も充実

さすが部門で第1位なだけあって、その効果はお墨付きです。

お尻をはじめとした太ももなどの皮膚の分厚い部位にもしっかり対応しています。

膝やひじの黒ずみや、太もものざらつきなどにもこれ1個で対応可能です。

日焼けやしもやけにも効果があるので、持っておいて損はないはずです!

ほんのりローズの香りがするのも嬉しいですね。

「ピーチローズ」について詳しく知りたい場合はコチラ↓
「ピーチローズ」公式

薬用保湿クリーム「フェアリームーン」

フェアリームーン写真

  • 昼と夜の2種類のクリームでシーンに合わせた保湿を可能に
  • 1日2回の塗布で、より早い効果を実感できる
  • セラミドやプラセンタなど、保湿にも美容にも良い成分がばっちり配合
  • マッサージジェルとしても使えて血行促進&リフトアップにも効果アリ

ピーチローズと一線を争っているのがこの「フェアリームーン」です。

その最大の特徴はやはり昼用・夜用に分けて配合された2種類のクリームです。

生活にあわせて保湿効果をすこし変えるだけで、その保湿力は倍以上に跳ね上がります。

マッサージにも使えることから、直接的なリフトアップもお肌のターンオーバーを早める血行促進にもしっかり影響します

もちろんお尻以外の部位にも使えるので、足のむくみなどにも効果あり♪

「フェアリームーン」について詳しく知りたい場合はコチラ↓
「フェアリームーン」公式

まとめ

お尻の黒ずみやざらつきは3つの方法で解消・予防できます

全てあわせることでより確実なものとなるので、ぜひ少しずつでも取り入れていってください。

  • 生活習慣、食生活を改善し予防と快適な生活を
  • お肌をリセットして、一気に黒ずみもざらつきもナシに
  • 美容クリームで優しくキレイに

どれも有効な方法です。

自分にとってどれが1番合うのか、実践しやすいのかを考えてできることから始めてみてください。

ちなみに、もっとも早く効果が出るのは、お肌リセット⇒しっかり保湿⇒予防を組み合わせることです。

万が一のときに焦らなくて良いように、今からしっかり対策していきましょう!

関連記事 : お尻の黒ずみ・ぶつぶつ解消!自宅で簡単にケアするオススメ商品9選
関連記事 : 市販のクリームで汚いお尻の黒ずみとニキビを治せる!?原因と綺麗にする方法!

関連記事

ページ上部へ戻る