お尻の黒ずみの病院・皮膚科・美容外科での治療方法について解説

2019.06.15

病院、美容外科

おしりに黒ずみがあるとこれからのシーズン不安ですよね。

おしりの黒ずみは病院や皮膚科、美容外科で治療することができますが、どのくらいの料金がかかるのだろう…と疑問に思っている方も多いはず。

今回の記事では、おしりに黒ずみができる理由から、おしりの黒ずみの病院や皮膚科、美容外科での治療法とその料金まで紹介します。

おしりに黒ずみができる理由

なぜ?

夏は海やプールなどおしり周りを露出する機会が増えるため、おしりに黒ずみがあると気になりますよね。

どうにかして解消したいと思った場合に思いつくのが皮膚科などの病院で行う黒ずみ治療です。

黒ずみ解消クリームなども良いですが、病院や美容外科での治療であれば即効性があってキレイになるのではないかと考えていると思います。

ですが、治療を行う前に大切なのは、おしりに黒ずみができる理由をしっかりと把握しておき、治療後におしりに黒ずみを作らないようにすることが最も重要なことです。

そこでおしりに黒ずみを作ってしまう理由を抑えておくことが大切。

主な原因は、

  • 摩擦性黒皮症(まさつせいこくひしょう)
  • 炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
  • 過角化症(かかくかしょう)

この3つにあります。

より詳しい詳細については「おしりの黒ずみの3つの原因と誰でも治せる4つの治し方」こちらで解説していますが普段からこの3つの原因を引き起こさないようにケアすることが大切なのです。

女性美容師

愛先生

できてしまったおしりの黒ずみの治療をすることも大切ですが、おしりに黒ずみを作らないようにするために原因をしっかりと理解しておくことが一番重要なのです。

病院・皮膚科・美容外科での治療法

病院での治し方

おしりにできてしまった黒ずみを病院で治そうと思った場合、どのような治療法があるのでしょうか。

大きく分けると治療法には以下の2つの方法があります。

  • レーザー治療
  • ピーリング

また、病院で治療を行う場合は、初診料や再診料、麻酔料などの別途費用がかかることがあります。

レーザー治療

おしりを含むデリケートゾーンの黒ずみ解消で一般的なのがこのレーザー治療です。

一言でレーザー治療と言ってもレーザーホワイトニング、レーザーブライトニングなど病院や使用する機械によって様々な呼び方があります。

黒ずみができている患部へレーザーを炎症が起きない程度のマイルドな出力で照射し、黒ずみの原因となるメラニン色素を少しずつ破壊することで黒ずみを改善させます。

クリニックによって料金は異なりますが、1回あたり1万円前後から3万円ほどで、平均5回ほどの治療で黒ずみが解消されます。

また、レーザー治療に関しては(>おしり 黒ずみ レーザー)こちらでより詳しくまとめてあるので、もう少し具体的に知りたいという方は確認してみて下さい。

ピーリング

ピーリングは、薬剤を塗布して、皮膚表面の古くなった角質を科学的に融解して剥離、除去させて、肌を生まれ変わらせる治療法です。

一昔前まではピーリングと言えば顔用が一般的でしたが、顔に行うケミカルピーリングの薬剤の濃度を調整させてボディ用にも使われるようになりました。

おしりの黒ずみを解消するピーリングにもクリニックによって呼び方や料金などに違いはありますが、1回1万円前後で5回から10回の施術を行うことで黒ずみを解消することができます。

また、ピーリングに関しては(>おしり 黒ずみ ピーリング)こちらの記事でより詳しくまとめてあるのでもっと具体的に知りたいという方は、合わせて確認してみて下さい。

おしりの黒ずみ解消|クリニックの選び方

選び方

おしりの黒ずみを治療しようと思った場合、どのようなクリニックを選べば良いのでしょうか。

病院を選ぶときのポイントは、以下の4つになります。

  • 医療機関での施術
  • 医師によるカウンセリング
  • ちゃんとした価格表がある
  • 通いやすい場所

医療機関での施術

レーザー治療を行う際は、火傷などの肌トラブルを回避するためにも医師免許を持った医師が行う医療機関で施術を行うようにしましょう。

稀に、研修を受けたスタッフが行うような場合もあるので注意するようにして下さい。
また、医療機関で施術をすることで、万が一のトラブルの際もすぐに対処ができるので安心です。

医師によるカウンセリング

病院によっては、スタッフがカウンセリングをして施術だけ医師が行うところも少なくありません。

医師免許を持っていない看護師がカウンセリングを行うと、肌トラブルを見逃す恐れもあるので注意が必要です。

ちゃんとした価格表がある

レーザー治療やピーリングは高額な費用がかかることがあります。

そのため、初診料や再診料、麻酔料などの別途費用から施術の1回あたりの料金などがしっかりと記載されているクリニックで行うようにしましょう。

通いやすい場所

おしりの黒ずみを病院などのクリニックで治療をしようと思った場合、最低でも5回は通院する必要があります。

最初はやる気があっても通っているうちに面倒になってきたりすることもあるので、
自宅や職場などから通いやすい場所を選ぶことで、途中で投げ出すようなことを避けることができます。

病院での治療は黒ずみ解消におすすめなのか

疑問

病院で行うレーザー治療やピーリングは黒ずみを効果的に治療することができるのでおすすめです。

しかし、料金が高い・通うのが面倒など人によってはデメリットに感じてしまうこともあります。

少しでもこのように感じるような方は、自宅で安価におしりの黒ずみを解消することができるクリームがおすすめです。

おしりの黒ずみを解消するクリームであれば、自宅に居ながら空いている時間にケアができるので途中で投げ出してしまうこともありません。

当サイトでは、おしりの黒ずみを解消するクリームについても詳しく紹介しているのでぜひそちらも参考にしてみて下さい。

女性美容師

愛先生

おしりの黒ずみを無くすのは自宅でもできます。大切なのはおしりの黒ずみを解消する効果がある有効成分が含まれていることです。このポイントを抑えて商品を選べば病院で高いお金をかけなくてもお尻をキレイにすることができるのです。

まとめ

キレイなお尻

おしりに黒ずみができる理由から、おしりの黒ずみの病院や皮膚科、美容外科での治療法とその料金まで紹介してきました。

病院や皮膚科、美容外科での治療はおしりの黒ずみを効果的に取り除いてくれるので料金面や何回か通うことへの抵抗がない方にはとてもおすすめです。

これからのシーズンに向けて自分に合う方法でお尻の黒ずみを解消するようにして下さい。