コンテンツ詳細

大久保愛

大久保 愛

ライターinfoHIP BEAUTY 総合監修

アイカ製薬株式会社 代表取締役
国際中医美容師/薬剤師/漢方薬剤師/薬膳料理家

幼少よりひどいアトピー性皮膚炎に悩み地元秋田で薬草の勉強し薬剤師となる。
体質改善に興味をもち北京中医薬大学で漢方・薬膳・美容の資格を取得。
漢方薬局、調剤薬局、エステ、整体などの経営を経て美容・医療の専門家として
エステのメニューや商品開発・ライティング・企業コンサルなどを行う。

ユースキンがお尻の黒ずみに効果的であるという口コミが今広がっています。
『お尻の黒ずみが治るなら!』試したい!と思いますよね。でも『ユースキンってどんな商品?』『どれくらい続けたらお尻の黒ずみに効果があるの?』と感じてしまいますよね。

そこで今回はユースキンがお尻の黒ずみにどれくらい効果があるか検証していきます!

お尻の黒ずみとユースキンパック

『ユースキンパック』という方法がお尻の黒ずみに効果があるとネット上で話題となっていますが、どのような方法なのでしょうか?

『ユースキンパック』とはユースキンを厚めにお尻に塗り、10〜15分放置し後は洗い流すだけのお手軽に出来る黒ずみ対策ができると言われているようです。本当に効果的なのかと考えてしまうような方法ですね。

ユースキンは元々ひび、あかぎれ、しもやけ等の肌のトラブルに対応する為の商品で『グリチルレチン酸』といった炎症を抑える成分や『ヒアルロン酸』といった保湿成分が含まれています。
これらはお尻の黒ずみに最も効果的な成分とは言い難いですね

お尻の黒ずみは『乾燥』によって弱った肌の角質に色素が沈着しまい引き起こされることがあります。

その為お尻の黒ずみを効果的に治す為には、『色素を除去もしくは薄くする』『色素沈着した角質を除去する』成分が必要となります。

ユースキンの炎症を抑える成分と保湿成分を活用すればお尻の黒ずみの原因である『乾燥』を防ぐ事ができ、良さそうな印象をうけますが、メラニンの生成を抑え色素沈着を防ぐような働きはありません。

お尻の黒ずみケアにはなかなか難しいのかもしれませんね。

お尻の黒ずみにおすすめなお尻ケア用品!

ここではユースキンと他の薬用クリームを比較していきます。
今回はお尻ケア部門で現在非常に好評を得ている『薬用美白クリーム』を比較対象にしてみました!

① ユースキン

ユースキン

(出典:Amazon)

値段896円 ⇒ 509
1日あたり約100円
実感するまでに必要な期間約3ヶ月
実感してる人の割合3割程度
まずは『ユースキン』を検証してみました!

一日辺りの値段はそれほどでもありませんが問題はお尻の黒ずみのケアができるかどうかというところです。乾燥肌の人には向いているかもしれませんね。

Amazonで見る

② フェアリームーン

値段9,600円 ⇒ 5,450
1日あたり約200円
実感するまでに必要な期間約1ヶ月
実感してる人の割合7〜9割程度
次に紹介するのは薬用美白クリームの『フェアリームーン』です。(*1)
こちらは1日辺りの値段はユースキンと比べると高めになっていますが、薬用美白クリームはお尻の黒ずみの除去を目的とした成分が含まれています。(※1)

『フェアリームーン』は朝と夜の肌の環境を考えて作っているそうです。

公式サイトで見る

③ ピーチローズ

値段10,000円 ⇒ 5,195
1日あたり約100円
実感するまでに必要な期間1週間〜2週間
実感してる人の割合9割程度
こちらは『ピーチローズ』という商品です。
『ピーチローズ』はお尻の黒ずみケア用品の中ではいくつもの賞を受賞している程非常に多くの方に愛用されています。(※1)

1日辺りの値段もユースキンとほとんど変わらず使用する事が出来、評判も安定して高い数値を出しています。
また返金保証もついている為、初めての方は特に安心して使う事が出来るでしょう。
使った際の感触はサラサラしてベタつかないというのもユースキンとの差の一つになっています。
お尻の黒ずみでお悩みなら一度は試してみるべき商品と言えるでしょう。(※1)

公式サイトで見る

以上、お尻の黒ずみに効くケア用品の紹介でした。

(※1)
お尻以外にもお顔や全身にもお使いいただけます。
(デコルテ・太もも・背中・二の腕・お顔など)メラニンの生成によるシミ。

まとめ

今回はユースキンを使ったお尻の黒ずみ対策や他のケア用品との比較を紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

色々な商品がでているので自分にあったものを見つけたいですね。

『ピーチローズ』
公式サイト → http://www.peach-rose.jp

関連記事 : 市販のクリームで汚いお尻の黒ずみとニキビを治せる!?原因と綺麗にする方法!

関連記事

ページ上部へ戻る